日記 新しいことを始める  燃費向上★コンデンサーチューン
 日記 新しいことを始めるための日記です。コンデンサーチューンのことをメインに、オークションの出品物などあれこれ書いています。

最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

maru555

Author:maru555
FC2ブログへようこそ!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1015位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カスタマイズ
78位
アクセスランキングを見る>>



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1015位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カスタマイズ
78位
アクセスランキングを見る>>



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



水虫退治の裏ワザ


◎水虫退治の裏ワザ、キッチンハイター粉末酸素系バージョン

キッチンハイター

●水虫退治の裏ワザ、
キッチンハイター粉末酸素系バージョン


皮膚科の医者も漂白剤を水虫の治療に使っているそうです。
キッチンハイターとは違う医療用とは思いますが、キッチン
ハイター(粉末酸素系)でも同様の
効果があります。


●注意:  この治療はあくまで自己責任で行ってください。
連続使用は肌を痛めます。1週間か2週間に一度でも効果があります。

 
 実施する人は、見た目が水虫のようだが別の皮膚病の
 場合もあるので、その場合は効果がなかったり、
 悪化する可能性もあります。



100均で売っているキッチン
ハイターと同じ成分の「過炭酸ナトリウム」でも
同様の効果があります。


ほかにはフィリオ30(次亜塩素酸水)や
赤ちゃんの哺乳瓶の消毒にも
使えるミルトン(これも次亜塩素酸ナト
リウムが主成分)でも良いようだ。
キッチンハイターよりも肌への刺激がすくないそうだ。





※かならず指定の濃度以下にお湯で薄めて使うこと。

濃くした場合や過度の連続使用は皮膚の炎症など

悪影響を起こす場合があります。

自分の場合は1週間連続で使ったら、

水虫の各種症状(かゆみ、皮がめくれる、

水泡ができる、かかとの角質化)

はなくなりましたが、両足の親指と

人差し指の間が一時赤くなって炎症を起こしました。

指の又の部分の皮ふが薄いので炎症を起こしやすい

みたいです。

しばらく使用をやめたら治りました。

異常が見られたときはいったん使用を中止するか、

濃度を薄くして間隔をあけて使用してください。

爪水虫については即効性はありませんが、いま以上の

悪化は押さえているようです。

長く続けると徐々に改善できそうです。





キッチンハイター(粉末酸素系、1個400円くらい,
これ1個で20回位使えます。使用量を半分にす
れば40回は使えます。コスパ良好)を

風呂の湯よりも少し熱めのお湯5リットルくらいに

キャップ半分(約15g)を溶かして

2~3分間両足をつける。その後よくお湯か水でよく洗う。

これだけでOK。


肌の弱い人はキャップ半分以下の量でもOK。
この時に必ずお湯を使うこと。冷水では効果がない。
また作り置きではだめ。必ず作り立てを使用すること。

キッチンハイター(過炭酸ナトリウムが主成分)
は傷口の消毒や殺菌に使うオキシドール
(オキシフル=過酸化水素水)
とほぼ同じ成分だから水虫菌(白癬菌,
真菌)にも効果があるよ。

消毒薬のオキシドールは濃度は3%だそうだ。
キッチンハイターキャップ1杯を
お湯5リットルで薄めると濃度は0.5%くらいになるので、
オキシドールの6分の1になる。そんなに濃くはない。



水虫のしつこいカユミや足のくさい匂いも一発で消える。

2回目以降はキッチンハイターの量は
1回目の半分にしてもよい。

自分もそうだったが水虫持ちの角質化してがちがちに固くなった
かかとや足の裏(これも水虫菌、白癬菌、真菌の影響による症状だそうだ)
も1回で柔らかくなり、がさついていたのがなくなり、柔らかくなった。
きれいにすべすべになる。色もきれいになり、本来の足の裏になる。

ただし高濃度で使うと肌が荒れるので注意。
もっと薄めで週に1回くらい
行ったら水虫再発の防止にもなる。
靴の中にアルコールや薄めたキッチンハイターをスプレーして
おくと水虫菌(白癬菌)やその他の雑菌
の除菌と臭い消しになるよ。

これは本当に効果があるので、たぶんこれが普及すれば
薬メーカーのすべての水虫薬が売れなくなる
可能性が大きい。薬メーカーとしては完治して
ほしくない無いのが本音だ。
完治すれば毎年継続して薬が売れなくなるから、
ある程度の効果のある薬の
販売をしている。おそらくメーカーもその効果を知っているだろうが
極秘事項だろうね。





試した人の感想


86 名前:病弱名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/15(月) 12:00:23.31 ID:oHfG1oJ5O
キッチンハイター(酸素系バージョン)を初めてやってみた。
凄くいいね~これ。クエン酸が効かなくて重曹に乗り換えるも
効果を全く感じられなかったけど昨日、キッチンハイター試して、近年では
殆んど初めてと言っていいくらい、痒みが全くなく、水ぶくれの悪化もなか
った奇跡のような1日だったぞw

安全靴履く仕事に変わってから水虫の悪化が半端ない。真冬でも水虫
が大人しくなることなんてないし、患部の面積はあっという間に広がって
、今や足の裏全体と足のこうまで広がった。安全靴という最悪な環境だか
ら、このスレで効果があると言われている重曹も全く効かないんだろう。キ
ッチンハイターで水虫との闘いで逆転したいな~



97 名前:病弱名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 16:46:51.78 ID:
euJNhN0q0
>>86です。
酸素系粉末バージョンのキッチンハイターキャップ1杯を洗面器一杯
の人肌のお湯に溶かして、キッチンタイマーできっちり5分。これをや
って三日目が経過。いや~ 今のところ、凄く良い感じです。殆どかゆ
みが起きてません。

皮膚も徐々に角質層が剥がれていって薄くなってきてる感じ。いや~
、本来の足の裏って、こんな感じなのかも。水虫のせいで角質層が
超分厚くなっていたのか。。また、一週間したらレポします。



127 名前:病弱名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/22(月) 12:57:30.8
7 ID:fEPavpVx0
>>86です。
酸素系漂白剤バージョンのキッチンハイターを試して1週間経ちまし
た。
初日からかゆみが殆どなくなりました。時々やってくる痒みもかなり
弱く継続時間も短いので気になりません。また、水ぶくれは悪化も
ないし、発生もしてません。これは私にとってもう奇跡です。安全靴
を履くと冬も夏も関係なく、水虫は超活発になります。それまで長年
、左足の前半分だけが水虫に冒されていたのが、安全靴を履く仕
事に変わってから2,3ヶ月で、足の裏全体、さらに足の横、そして
、最後には足の甲全体まで広がりました。右足も水虫になりました
。それぐらい水虫にとって安全靴の環境は天国なんです。それな
のに、一週間前からは、痒みもほぼ無いし、水ぶくれも無し。奇
跡です。市販の水虫薬もほんの数日ですが試しましたが、こんな
に効かなかったです。(面積が広いので、薬はたった2日も持たな
かったです。)

今は、安全靴を履いていなかったときの秋頃の状態です。水ぶく
れも消え、少し皮がめくれているところはあるけど痒みも殆ど無い。
このまま、しばらくキッチンハイターを続ければ、完治も夢じゃない
と実感しています。キッチンハイターの酸素系版を教えて下さった
方、本当にありがとうございます。




188 名前:病弱名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/29(月) 13:20:4
9.74 ID:CazCiScr0
酸素系粉末のワイドハイターより同じく酸素系粉末のキッチンハ
イターの方が効くね~。 ワイドハイターがもともとあったから2、
3日試した。切れたのでキッチンハイターへ乗り換えた。

当方も安全靴を毎日12時間履いてる人間。ワイドハイター
 仕事終わりかけの頃、軽く痒みが発生。キッチンハイター 
仕事が終っても痒みも水ぶくれの気配が全くない。普通の
靴の人はワイドハイターでも良いかもしれん。 安全靴er
はキッチンハイターがお勧め。






●意外なことだが、漂白剤による水虫の
治療は目新しいものではなく、
かなり昔(100年くらい前)から知られていたようだ。

ウィキペディアより

塩素系薬剤
漂白剤を薄めて足を浸すものである。漂白剤には次亜塩素酸
ナトリウムが入っており、 食中毒などの感染菌あるいはウィル
スの殺菌に使用する目的で医療機関や食品関係などで使用さ
れている。 真菌に対する消毒作用があるが、皮膚の奥深くに
潜む真菌まで除菌できるかは不明である。
NaClO + H2O ⇔ HClO + Na+ + OH-
なお水酸化ナトリウムによりアルカリ性に調整されている場合
、肌を痛めることが考えられる。 その他、亜塩素酸ナトリウム
や二酸化塩素などを含む薬剤を使うこともある。 Dakin's solu
tionも同様なものであるが、次亜塩素酸ナトリウムと炭酸水素
ナトリウム(ベーキングパウダー)を用いる。これは第一次世界
大戦や第二次世界大戦にて傷の処置や水虫などに使われていた。

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://maru5555.blog59.fc2.com/tb.php/1552-22466368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)